どこに片付けたらいいの? 羽毛布団の適切な収納場所をチェック!


 

どこに片付けたらいいの? 羽毛布団の適切な収納場所をチェック!

寒い時期に大活躍してくれた羽毛布団。暖かくなる春や初夏の時期には不要となるので、たたんで収納することになります。
羽毛布団を片付けるにあたって気になるのは、その収納場所のこと。収納の方法を間違えると、羽毛布団が傷んでしまうおそれもあるので十分注意したいですね。
今回は、羽毛布団の適切な収納場所や片付けるときのポイントについてご紹介いたします。

かさばる羽毛布団、どこにしまうべき?

布団の収納場所というと、かつては押入れに片付けるのが一般的でした。とはいえ近年では、クローゼットやロフト、天井裏などに収納スペースを設けた住宅も増えています。また、納戸やフリールームに羽毛布団を収納するというケースも多いと思います。
トランクルームを利用してシーズンごとの荷物を整理するという方もいるかもしれません。羽毛布団はかなりかさばるので、自宅に収納スペースが少ないのなら、トランクルームのサービスを利用するのも有効な方法といえるでしょう。

羽毛布団の収納は「湿気」に要注意!

羽毛布団を収納するときには、湿気の少ない場所を選びたいですね。湿気の多いところに羽毛布団を片付けると、布団が傷んでカビが繁殖する可能性があります。湿気が少ない収納場所がないときには、スペース内に除湿剤や乾燥剤を設置するとよいでしょう。
湿気が溜まるのを防ぐために、羽毛布団の収納場所はときどき換気をしておきたいもの。数日から数週間に1度換気をしておけば、次の冬も快適に羽毛布団を使用できます。

羽毛布団はビニールに入れずに収納しよう

羽毛布団を収納するときにビニール袋に入れたり、圧縮袋を使ったりするのはNGです。
ふかふかとした羽毛は圧縮袋に入れるとつぶれてぺしゃんこになってしまいます。また、ビニールの袋は通気性が悪く、湿気が溜まってしまう恐れもあります。
羽毛布団を購入したときの不織布のバッグやケースを使って収納するとよいでしょう。羽毛布団をふんわりとたたみ、シーツなどの布に包んで保管するという方法もあります。

収納スペースをキレイに整頓しておこう

羽毛布団を長持ちさせるためにも、収納した羽毛布団の上に物を乗せるのは避けましょう。ぎゅうぎゅうの押入れやクローゼットに羽毛布団を詰め込んで収納するのもNGです。
毛布やマットレスなどを片付けるときには、羽毛布団がつぶれないよう置き方に十分注意したいもの。羽毛布団のダメージを防ぐためにも、収納場所はできるだけキレイに片付けておきたいですね。

column0326_02

羽毛布団は繊細なので、収納方法を間違えてしまうと思わぬダメージが起きることもあります。せっかく購入した羽毛布団を長く愛用するためにも、正しい方法で収納しておきたいもの。
羽毛布団の収納場所はキレイに整頓しておき、ときどき換気して湿気を逃がすようにするのがおすすめですよ。

詳しくはこちらから